スキューバダイビングと沖縄ダイビングライセンスについてのご紹介

スキューバダイビングとは、空気が入っているタンクを使用して潜水するものです。日本の法律では特に国の資格を取得しなければならないと決められているわけではありません。しかし、レジャーダイビングなどで潜水機材のレンタルやスキューバダイビングをするためにはCカードの提示が必要になると言われています。Cカードはスキューバ代便の技能講習を終了した者に対して発行している技能認定Certificationカードです。スキューバダイビングには致死傷事故などが発生してしまう可能性が高いこともあり、Cカードを所持していない者に対するダイビング機材の販売をしてもらえないケースもあると言われています。また体験ダイビングやインストラクターがいないところでのスキューバダイビングをおこなうことができません。沖縄ダイビングライセンスショップなどでは、Cカードを取得するための講習をおこなっていたりインストラクターを養成するコースなどが設けられていることもあります。海が美しいこともあり沖縄ダイビングライセンス取得コースの受講を希望される方は多いと言われています。沖縄ダイビングライセンス取得も世界基準のPADIダイビングライセンス取得のカリキュラムが組まれています。未経験でも初級のコースなどが設けられています。たとえば、最短二泊三日の日程での受講や基本的な知識を身に付けるためのオープンウォーターダイバーコースなどがあります。知識を得るための学科講習で不安を取り除き、プールに似た環境にてスキルの講習をおこなっていきます。その後海洋実習に入りますが、ライセンス取得後には水深18メートルまで潜ることができるようになります。中級になってくると何種類かのダイブ仕方を学ぶことができます。苦手分野のトレーニングをおこないたい方などが受けられるようです。上級コースになってくると、中世浮力を上達させダイビングをより快適におこなえるようなテクニックを学んだり、水中の世界を写真に残したりナイトダイビングを体験することができるようです。ディープダイビングでは、深く潜ってしまった場合でも落ち着いて対処することができるようになれたり、自分自身が安心して潜ることができる深度を知ることができます。一年中潜りたいという方は冬でも安心して潜ることができるドライスーツを着用してみることができます。その他にも機材のメンテナンス方法を学び、安全にダイビングをすることができるよう使いこなしていきます。インストラクターを目指していらっしゃる方は、インストラクターコースを受けることができます。インストラクターとしての能力をさまざまな角度から高めていくことができるようです。